2017年6月23日金曜日

6月10日は「ふれあいコンサートvol.14」 でした


 
6月10日は「ふれあいコンサートvol.14
師匠、中坪かなえ先生のコンサートでした

会場は三田市立学園小学校の校舎にある県民交流広場、
地域コミュニティの方々運営のとてもアット・フォームなコンサートです。

当日のプログラムは チラ  。
出演は、Saxophone 中坪かなえ先生と、Piano 永田有吾さん のお二人、
1部2部とも出ずっぱりのデュオ演奏、素晴しい演奏を堪能させて頂きました。



二人の演奏・・・本当にとても素晴しかったです、
大幅に時間を延長しての熱演・・・堪能させて頂きました。
師匠の素晴しい音色はレッスンでも聴いてますが、
やはりコンサートでは拝聴する音色とは大違いです。
そして、Duo の永田有吾さんのピアノ・・・とても素晴しかったです。

コンサートで演奏された「赤とんぼ」と「朧月夜」、
先生のご了解を頂いて、YouTube にアップロードしました。


赤とんぼ


朧月夜


Photo Album




2017年6月21日水曜日

安倍政権・・・当然の支持率急降下・・・風の前の塵?


安倍首相・・・自分が国会を強行終了させておいて、
19日に「反省」しているかのような記者会見・・・しらけます。
会見内容も私には本当に反省しているとは感じられませんでした。

またまた文科省が萩生田氏発言の「新文書」を公表・・・、
20日、萩生田氏は全面否定・・・お怒りのコメントを発表したようです。
テレビ、新聞などを見ていると、萩生田氏の否定発言・・・とても信じられません。

今年2月頃からの森友・昭恵疑惑・・・、に加えて、加計・晋三疑惑・・・、
土曜のテレビで「大した問題では無い」とコメンテーターが発言してましたが、
身近の人間への便宜疑惑・・・、李下に冠・・・こ、んな総理・・・、私は真っ平ご免です。

自分に都合の悪い言葉は「印象操作」、都合の悪い文書は「怪文書」・・・、
安倍総理、安倍政権、自民党・・・怒り心頭・・・本当に酷過ぎる・・・と、私は思います。


安倍政権・・・当然の支持率急降下・・・、
いよいよ終わりの始まり・・・なのかもしれません。
 
 祗園精舎の鐘の声、 諸行無常の響きあり。
 娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。
 おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。
 たけき者も遂にはほろびぬ、 偏に風の前の塵に同じ。



19日、月曜日、お昼のテレビ番組で、
安倍総理、自民党の太鼓持ちの様な政治評論家が言ってました。
  『支持率低下は政権の想定範囲内・・・日本国民はすぐ忘れる・・・、
     その内、北朝鮮が何かを・・・都知事選・・・問題にならないでしょう・・・。』
太鼓持ちの見立て・・・忘れないように安倍総理の国会での強引は発言を列挙します。



2月27日 衆院予算委 森友学園との関係を問われ、
      「レッテル貼りはやめましょうよ。一生懸命、一生懸命、
       そうやって、一生懸命、印象操作をされていますけれども、
       何にもないんですよ、そこは」


3月13日 参院予算委 加計学園との関係を問われ、
      「全く関係なかったら、あなたは責任をとれるのですか」

4月12日 衆院厚労委 森友問題で「8割が納得できない」との世論調査に
      「同じ世論調査によると内閣支持率は53%だった。
       民進党の支持率はご承知の通りだ」

5月 8日 衆院予算委 憲法改正について、
      「相当詳しく読売新聞に書いてある。
       ぜひそれを熟読して頂いてもいいと思う」
      (委員長から「不適切」と注意を受ける)

6月 5日 衆院決算行政監視委員
       加計学園問題に関する質問後、自席で、
        「くだらない質問で終っちゃったね」と発言。
       加計学園と昭恵夫人との関係を問われ、自席から
        「いいかげんなことばっかり言うんじゃないよ」とのヤジ。
      (委員長から「不規則発言」の注意を受ける)



2017年6月19日月曜日

今年の「父の日」・・・今迄に無い思いの一日でした

昨日は全国的に「父の日」でした・・・、
花のお江戸の娘からの風呂敷の届き物
娘から大奥経由で『父の日には何が良い?』。
『何でも・・・』と返事をすると、『お酒か、鰻、どっち?』
鰻なら大奥と一緒に・・・で、『鰻・・・』と返事をしたのでした。
で、昨日、大奥と頂きました、勿論、とても美味しかったです。


今年の秋に挙式が決まった娘・・・、
挙式準備・・・大奥と娘との間の電話のやり取り・・・。
「嫁ぐ・・・」、早くも嬉しさと共に淋しさの様なものを感じます。

今頃からこんなことでは・・・、
当日・・・自分でも今から思いやれます。
今年の「父の日」・・・、今迄に無い思いの一日でした。

2017年6月17日土曜日

岩盤に穴を開けたら・・・お友達・・・

加計学園疑惑・・・政府の説明などによると、
『岩盤規制にドリルで穴を開けた・・・』んだそうです。

政府の言う『岩盤』をドリルで穴を開けたら・・・、
穴から出てきたのは安倍首相のお友達の加計氏。
これが岩盤規制改革・・・、余りにもおかしいと思います。


安倍昭恵首相婦人絡み・・・、
森友学園疑惑も未だに解決していない。

それに加えて今回の加計学園疑惑・・・、
どちらも首相による公私混同が濃厚に疑われます。

周囲の忖度・・・もしも仮にそうであっても、
安倍首相本人の同義的責任はとても大きいです。
とても残念ですが、この程度の政治家だった安倍首相、
「一強多弱」が諸悪の根源・・・裸の王様だった様に思います。
何事にも終り・・・安倍総理の終わりの始まりになるかもしれません。




2017年6月16日金曜日

「テロ等準備罪」・・・、充分に審理をつくしたとは云えません


安倍内閣の最近の国会運営・・・、
真摯に答えようとしない首相の答弁・・・、
法務大臣を筆頭に資質に疑問符がつく閣僚・・・、
最初は期待していましたが、今はとても支持出来ません。
昨日、15日の未明の参院本会議・・・、
「中間報告」によって国会採決 委員会を省略し、
「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を
自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・・・。

「共謀罪」・・・ビールと弁当を持ってたら「花見」・・・、
地図と双眼鏡を持っていたなら「犯行現場の下見」・・・、
「テロ等準備罪」・・・、充分に審理をつくしたとは云えません。
正に国会軽視、安倍首相の加計学園疑惑隠しとしか思えません。

安倍首相を巡る、
森友学園、加計学園疑惑・・・。
お友達を近くに置く・・・お隣の前大統領と同じ、
日本にはこんな首相は不要・・・早く退陣して欲しいです。


唯我独尊・・・裸の大様・・・、
牽制相手が居ないのは本人にも不幸です。
3期目への任期延長の企みの噂、
幼稚園児の教育勅語暗唱を褒める・・・。
安倍首相がこんな男とは思いませんでした。



2017年6月14日水曜日

ホンマに梅雨?  2017年家庭菜園NOW

 関西は6月7日に梅雨入り宣言・・・、
が、あめは7日に降って以来、好天続き、
大奥の庭木や野菜への朝の水やりが大変です。

今年の夏野菜は殆どが種から植えたので、
例年よりも相当、苗の生育が遅目になっています。
大蒜、玉葱の収穫が遅くなったので余計に遅れ気味です。


写真【A】:西から見た家庭菜園
 左側は緑のカーテンの冬瓜、南京、苦瓜・・・順調です。
 正面 1列目は胡瓜、
     2列目はオクラ
     3列目はトマト

写真【B】:南から見た家庭菜園
 正面奥は緑のカーテンのインゲン、南京です。
 左1列目はミニトマト
    2列目は茄子
    3列目はしし唐、ジャンボしし唐

写真【C】:昨年増設の家庭菜園
 左側は胡瓜(2苗)
 右側は葉物野菜 菊菜、ほうれん草、こまつ菜
      葉物野菜は先日種を植え、小さな芽が出ています。

2017年6月12日月曜日

吉田松陰、高杉晋作・・・司馬遼太郎「世に棲む日日」読了・・・

 司馬遼太郎の「世に棲む日日」を読了しました。

『長州の人間のことを書きたいと思う。』に始まる、
「吉田松陰」、「高杉晋作」とその周囲に纏わる事柄の本、
改めて司馬遼太郎さんの目を通した二人について考えました。

吉田松陰・・・満29歳・・・老中暗殺計画で斬罪。
  辞世:「親思ふ 心にまさる 親心 けふのおとずれ 何ときくらん」
高杉晋作・・・満27歳・・・肺結核の療養中に病死・・・。
  辞世:「おもしろき こともなく世に おもしろく (すみなすものは 心なりけり)」
因みに坂本龍馬は31歳で暗殺・・・自分の馬齢が恥しい限り・・・。

巻末、松本健一氏の解説も面白かったです。
松本氏によれば、司馬遼太郎氏は、
松蔭を幕末の天皇=国家の思想家として嫌い、
晋作を革命思想家ではなく現実の革命家と見ていた・・・。


司馬遼太郎氏の講演はとても素晴しかったとのこと・・・、
残念・・・存命中に行けなかったのが本当に残念で仕方ありません。